Uncategorized

【神戸パイプカット】神戸のお勧めパイプカットクリニック5選

パイプカット研究家の真田です。

 

「神戸でパイプカットの名医が知りたい!」

「神戸の安いパイプカットは?」

 

そんなあなたの疑問に答えます。

 

英メンズクリニック

英メンズクリニックは、三宮にある関西で初めての男性のための不妊治療専門クリニック。

男性不妊治療のほかに、精管切断術(パイプカット)や包茎手術などの治療も行っています。

 

英メンズクリニックのパイプカット

英メンズクリニックのパイプカットは、陰嚢に局所麻酔をしたあと精管を露出させカットする精管結紮術。

カットは1センチ。腕の見せ所ともいわれる断端の処理は、折り返しての結紮。焼灼したり縫い付けたりはしません。

個人的にいいなと思ったのが静脈麻酔も選べる点。パイプカットの手術はほとんどが局所麻酔ですが、秀メンズクリニックでは鎮静(局所麻酔下での手術)も選ぶことができます。

費用は税込み9.9万円。比較的安いですね。

注意点としては、秀クリニックではすでに子供がいること、配偶者の同意を得られていることがパイプカット手術の条件です。独身の方は秀クリニックでは受けられません。

ちなみに読み方は「ひでクリニック」ではなく「はなぶさクリニック」です。初見で読めないですよね。

 

英メンズクリニック情報

名前:英メンズクリニック

住所:中央区三宮町1丁目1-2三宮セントラルビル4階

院長名:江夏 徳寿

 

神戸中央クリニック

神戸中央クリニックは全国21院ある中央クリニックグループのうちのひとつ。神戸市三宮に開院いて以来25年の実績があります。

 

中央クリニック系列は昔から男性器の手術にも力を入れており、パイプカット手術のほかにも、包茎手術や早漏治療、ペニス増大、シリコンリング挿入、ED、性病、屈曲ペニス修正、偽睾丸挿入等を行っています。難易度が高いとされる屈曲ペニス修正にも力を入れてるので技術力は十分かと思います。

 

神戸中央クリニックのパイプカット

神戸中央クリニックのパイプカットは、NSV法ではなく通常の結紮法で行われます。引っ張り出した精管をカットした後、糸で結紮。カットした精管の断端は電気で焼灼するという念の入れようです。

英クリニックと同じく別料金で静脈麻酔を選ぶこともできます。

抜糸は不要絵性行為は10日後からです。20回以上射精をしてから再来院し精液検査でOKが出てから避妊の必要がなくなります。

手術費用は8.8万円。これに精子検査代が2.2万円で総額11万円となります。比較的安いといえます。

 

神戸中央クリニック情報

医院名:神戸中央クリニック

住所兵庫県神戸市中央区三宮町1-3-15 京町筋安田ビル6F

院長名:馬場幹治

 

 

彦坂病院

彦坂病院は神戸駅徒歩7分のところにある泌尿器科病院。

前立腺肥大をはじめとし、尿失禁・膀胱炎・尿路結石・前立腺がん・膀胱がん・ED・男性不妊など幅広い病気の治療を行っています。

小手術では、パイプカットのほかに包茎手術を行っています。

 

彦坂病院のパイプカット

彦坂病院のパイプカットは金額・手術方法ともに公開されていません。

手術をお考えの方は病院に問い合わせる必要がありますので、ちょっとハードルが高いですよね。

ちなみにパイプカット手術自体が保険適応外ですので、彦坂病院であっても自費になりますのでお気を付けください。

 

彦坂病院情報

医院名:彦坂病院

住所:神戸市兵庫区西多聞通1丁目1-21

院長名:彦坂幸治

 

木下クリニック

 

木下クリニックは兵庫県川西市にある泌尿器科クリニック。最寄り駅は川西能勢口駅。

神戸市内ではありませんがよいクリニックなので掲載しときます。

院長の木下昌重先生は、泌尿器科専門医だけでなく指導医も保有。今日若い共立病院の泌尿器科部長も歴任されています。

男性の泌尿器科としては、パイプカット、前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺がん、膀胱がん、包茎、性感染症、ED,AGAなどを扱っています。

 

木下クリニックのパイプカット

木下クリニックのパイプカットは、精管結紮術というスタンダードな方法です。陰嚢周囲の剃毛はクリニックにて行ってくれるようです。

手術時間は15-20分とかなり早いですね。

糸は溶ける糸を使用しているので抜糸の必要はありません。

術後の精液検査は1か月後。郵送でないので自分でクリニックに行く必要があります。

パイプカット料金は8.8万円。結構安いですね。

 

木下クリニック情報

医院名:木下クリニック

住所:兵庫県川西市小花1丁目6−20

院長名:木下昌重

トップ記事

-Uncategorized